学習スタートアップコース

 「とりあえず、勉強を始めてみよう!」という人や「学校の遅れを少しずつ取り戻したい」という人は、まずはこのコースからスタートしてみましょう。基礎学力を中心に、自分のペースで学習できます。

 勉強のスタートにあたって大事にしていることは、「楽しく勉強できること」です。子どもたちが安心して通い、勉強が「できる」、「わかる」ようになると、「自分にも勉強ができる」という意識が出てきます。そのときには、きっと勉強はもちろん、それ以外のことにも自信がついてくるでしょう。

■ 好きな科目から始めてみよう!

# とりあえず勉強を始めたくて、科目には特にこだわりがないのなら、得意科目の学習からスタートすることをオススメします。

 得意科目の方が、学習の理解に関する負担が少なく、「自分には勉強ができる」という意識と自信が生じやすい傾向があるからです。

 また、自分の興味のある体験型の学習から始めてみるのも1つの方法です。特にフリースクールのような居場所に魅力を感じているが、他の子どもたちとの交流に不安がある方は、まずは講師と2人きりで楽しい学習に取り組んでみてはいかがですか?

■ 単元のポイントを絞った学習

# 授業は基礎・基本となる学習事項を主に扱います。授業で扱う内容は、応用問題やマイナーな問題を極力省き、重要な問題や今後の学習の土台になる単元に絞っています。

 主要5科目に関しては、中学3年間までの内容を1冊にまとめた教材を用意していますので、中学の内容を全く勉強していない方も十分に巻き返すことは可能です。

 また、学校復帰を前提にしない場合、学校・学年による単元分類に捉われない効率の良い学習プランを立てます。

■ 1~2ヶ月後に、学習環境を再確認

# 勉強を始めて1~2か月くらいたつと、自分が「勉強に対してどう感じるか」が分かってくると思います。それは「なんだ、全然余裕やん!」というものかもしれませんし、「しんどいな…」というものかもしれません。

「余裕」という人はこのまま続けてもいいですし、苦手な科目やまだ勉強に取りかかっていない科目などに着手し始めてもよいでしょう。

 「しんどいな…」という人は塾の回数を減らしてみたり、興味のある体験型の学習だけにしたりと、自分にとって無理のない学習スタイルを模索してみましょう。もちろん、今は勉強をやめてフリースクールで過ごすというのもアリです。

■ 好きなことをとことん突き詰める

# 「自分は●●がとにかく好きだ!」とか、勉強しているうちに好きになったことや興味のわいたことがあれば、その場合はむしろ深く学んでいく方がいいでしょう。

 子どもたちは興味のあることを学ぶことが、一番伸びやすく、その時の学びが将来に役立つ可能性が最も高いのです。

 あなたの「やりたい」が見つかったら、それを気のすむまで「やりたい」を追求しましょう。

コメントは受け付けていません。